MITTAN suvin長袖ロング平面T 黒

by うろ

¥9,900

インド在来種の長繊維綿、SujataとSt.Vincent島産の海島綿との交配によって生み出された”Suvin”コットンは、インド・タミルナードゥ州の限られた農家だけで栽培され、繊維長が非常に長いのが特徴です。

原綿を細番手の56番単糸に紡績し、丸編機で両面編みに編む事で、触感の良さと日常的に着られる強度のバランスを取っています。

襟ぐり以外はすべて直線、台形の袖以外は長方形のパターンで構成された非常に平面的なカットソーで、着物のように多くの方の体型に自然に馴染みます。

衿端、袖口、裾口は切りっ放しのパーツの切り替えになっていますが、両面編みで編んでいる為に端も解けにくく、丸まりにくいです。

また、サイズが変わっても襟ぐりの大きさは変わりません。全て綿糸で縫製しています。

 

※お洗濯の際はネットをご使用ください。解れにくい素材ですが、切り放しの部分の糸が解けたら無理に引っ張らず、カットしてください。

 

※最後の2枚の画像は2枚共に左から、薄灰・墨黒・黒になります。

 

カラー:黒

サイズ:

1:身幅48cm / 肩幅52cm / 着丈63cm / 袖丈49.5cm

3:身幅54cm / 肩幅59cm / 着丈69cm / 袖丈54cm

素材:綿100%

 

MITTANは世界に遺る衣服や生地にまつわる歴史を元に、現代の民族服を提案しています。

平面的な構造を再解釈し、天然素材が持つ本来の機能性と組み合わせることで、一過性の時代の流れにとらわれることの無い、永く続く服を目指しています。

MITTANは世界に遺る衣服や生地にまつわる歴史生地は遠州、播州、尾州といった日本各地の機械織りの産地をはじめ、インド、ラオスといったアジア圏の手織りのものを主に使用。

デザイナーが可能な限り直接機場に赴き、独自の素材開発にも取り組んでいます。

また縫製糸には主に綿糸を、織りネーム、品質表示、ボタン等の付属品には天然素材を用い、国内の提携工場で縫製しています。

染色には通常の染料の他、草木や藍、虫、鉱物を使用し、その不均一な色の移り変わりも美しさとして捉えています。

商品の詳細についてはこちらをご覧くださいませ。

MITTANの服は1シーズンではなく、長く、生地が擦り切れそうになっても尚着続ける事を前提にデザインされています。

そこで長くご愛用していただく為に、修繕を承っています。

お直しにつきましてはこちらをご覧ください。