MITTAN ロングジャケット 瓶覗

by うろ

¥38,500
旧式のシャトル織機で織られた、経糸が綿、緯糸が麻の高密度織物を使用しています。シャトル織機は最新の織機に比べてスピードは遅いですが、一越一越をしっかりと打ち込むことによって、力強いハリ感が表現されています。

日本の着物やブータンの「ゴ」等、様々民族衣装の要素を混ぜて構成しています。袖には機能袖を採用していて、十分に運動量を確保しています。袖口の裏側にカフスが付く仕様になっている為、好みの長さに折り返すことができます。着物のように表からはステッチが見えない仕様で、衿や裾は職人の手によってぐるりと全て手まつりで仕上げられています。共地の細紐がつきます。
 

カラー:瓶覗

サイズ:

1:身幅49cm / 肩幅計測不能 / 着丈87.5cm / 袖丈(脇下から)50cm 

2:身幅52.5cm / 肩幅計測不能 / 着丈93.5cm / 袖丈(脇下から)53cm 

3:身幅54.5cm / 肩幅計測不能 / 着丈97cm / 袖丈(脇下から)56cm 

素材:麻(リネン)55% 綿45%

5枚目の画像:左から黒 サイズ1 、紺 サイズ3、瓶覗 サイズ2です。 

 

MITTANは世界に遺る衣服や生地にまつわる歴史を元に、現代の民族服を提案しています。

平面的な構造を再解釈し、天然素材が持つ本来の機能性と組み合わせることで、一過性の時代の流れにとらわれることの無い、永く続く服を目指しています。

MITTANは世界に遺る衣服や生地にまつわる歴史生地は遠州、播州、尾州といった日本各地の機械織りの産地をはじめ、インド、ラオスといったアジア圏の手織りのものを主に使用。

デザイナーが可能な限り直接機場に赴き、独自の素材開発にも取り組んでいます。

また縫製糸には主に綿糸を、織りネーム、品質表示、ボタン等の付属品には天然素材を用い、国内の提携工場で縫製しています。

染色には通常の染料の他、草木や藍、虫、鉱物を使用し、その不均一な色の移り変わりも美しさとして捉えています。

商品の詳細についてはこちらをご覧くださいませ。

MITTANの服は1シーズンではなく、長く、生地が擦り切れそうになっても尚着続ける事を前提にデザインされています。

そこで長くご愛用していただく為に、修繕を承っています。

お直しにつきましてはこちらをご覧ください。